【総合力No1】4Kプロジェクター「XGIMI Horizon Pro」レビュー

実はブログの更新が止まっていた半年の間に、自宅の家電を買い替えました。

その一つがプロジェクター。

以前記事でレビュー記事を書いたHU70LSBからXGIMI Horizon Proへ買い替えました。
(後述しますがHU70LSBも決して劣っている機種ではないです。)

今回は「総合力No1」の4KロジェクターXGIMI Horizon Proのレビューをしていきます。

ぜひ、最後までお読みください!

目次

【ここがスゴい】XGIMI Horizon Proの「10」の魅力

1.驚きの起動の速さ

XGIMI Horizon Proを購入して一番驚いたのは、「起動の速さ」。

なんとわずか6秒~7秒で起動します。

2.2200ANSIルーメンで昼間でも視聴可

Horizon Proの輝度は2200ANSIルーメンと競合機種の中でもかなり明るめ。

昼間で部屋を明るくしていても、問題なく視聴できるレベルです。

3.Android TV内蔵で動画コンテンツを楽しめる

XGIMI Horizon Proは「Android TV 10.0」内蔵。
FireTVやApple TV等のストリーミング端末を繋がなくても、「単体で」動画コンテンツを楽しめます。


対応アプリは「Amazon Prime Video」「DAZN」「YouTube」「Hulu」等。

torne mobileも対応しているので、nasneとセットで使えば大画面でTV番組が楽しめますよ。

Netflixはインストール自体はできるのですが、視聴はできません。
「DesktopManager」アプリ経由でNetflixをインストールすることによって、使えるようになります。
(参考サイト)XGMIでNETFLIXを見る

4.ラクチン!オートフォーカス対応

起動したら自動的にフォーカスを合わせてくれます。

起動時に物でさえぎってしまってオートフォーカスがうまくいかなかった場合でも、リモコンのボタン一つでやり直すことができます。

5.コンパクトで設置場所にも困らない

4Kプロジェクターって、サイズが大きいので設置場所が限られるんですが、Horizon Proはコンパクトです。

重さもわずか2.9kgなので、場所変えたいなーと思ったときに持ち運びもできます。

6.Harman Karbon製スピーカーで音が良い

スピーカーはHarman Kardon製。


サウンドがよく響いていて、外部スピーカーなしでも十分音質が良いです。

本体スピーカー出力だと設定で音響効果も選べます。

7.コンパクトで使いやすいリモコン

Horizon Proのリモコンがこちら。

メタリックで高級感があってカッコイイ。
AppleTVのリモコン並にコンパクトで、ごちゃごちゃボタンがついていないので使いやすいですね。

音声入力にも対応しています。

AppleTVなど外部ストリーミング端末を接続している場合でも、このリモコンで操作ができます。

8.接続端子が豊富

接続端子は

  • HDMI(ARC)
  • HDMI
  • 光デジタル
  • USB2.0×2
  • LAN

となっています。

光デジタル端子やイヤホンジャックも搭載しているので、外部スピーカー等のオーディオ機器も接続できます。

9.動作音が静か

プロジェクターの難点の一つが、「動作音」なんですが、Horizon ProはLED光源ということもあり、動作音が静かです。

4K動画を出力しても「そよ風レベル」でほとんど気になることはありません。

10.インテリアにもなじむデザイン

Horizon Proは良い意味で、プロジェクターらしくないデザインをしています。

スタイリッシュなので、インテリアにも馴染むのがよいですね。

XGIMI Horizon Proと他の4Kプロジェクターの比較

1年前と比べると、4Kプロジェクターもずいぶん機種が増えました。
ここでは、「10万円代で購入できる4Kプロジェクター」の比較をしていきます。

機種名輝度
(ルーメン)
OSオート
フォーカス
台形
補正
Bluetooth
接続
サイズ価格
XGIMI
Horizon Pro
2,200Android TVあり垂直
水平
±40
対応208×218
×136
176,880
LG
HU70LSB
1,500webOSなし垂直対応314×210
x100
145,072
BenQ
TK850i 
3,000Android TVなし垂直
±30
非対応380×263
x127
179,798
Anker
Nebula Cosmos Max 
1,500Android TVあり垂直
水平
±40
対応350×248
×99
179,980

コスパ最強「HU70LSB」

他のプロジェクターと比べると、圧倒的に値段が安いです。

オートフォーカスや自動台形補正などの機能にこだわらないのであれば、コスパ最強のプロジェクターと言えるでしょう。

OSはLG独自のwebOS。
AndroidTVと比べると、対応アプリが少ないのが難点です。

unidon

HU70LSBについては過去のブログ記事でレビューしていますので、そちらも参考にしてくださいね!

高輝度と豊富なモード「TK850i」

TK850iの輝度は3,000ANSIルーメン。
同価格帯の4Kプロジェクターでは一番の明るさを誇ります。

モニターで有名なBenQブランドというのも安心感がありますね。

ゲーム・スポーツ・音楽・シネマと映像モードが豊富なのも魅力的。

Bluetooth非対応で光デジタル端子もついていないので、接続性がイマイチなのと、サイズが大きいのが難点です。

1年前なら良機種だった「Nebula Cosmos Max」

最後にNebula Cosmos Maxですが、スペック的にもHorizon Proの下位互換といった印象

価格がHU70LSB並に安くなれば覇権を取れるプロジェクターかもしれません。

【番外】ゲーム目的ならTK700Stiも

少し価格は高くなりますが、ゲーム目的ならBenQのTK700STiも注目。

「ゲーミングプロジェクター」とうたっていることもあり、4Kプロジェクターの中では圧倒的な低遅延が魅力の機種です。

迷っているならレンタルもあり

ここまで4Kプロジェクターの紹介をしてきましたが、「実際に使ってみないと判断できない!」という方も多いでしょう。

今回紹介したプロジェクターはすべてRentioでレンタル可能なので、迷ってる方は利用するのをオススメします。
レンタルで気に入ったらそのまま購入も可能ですよ!

unidon

私もXGIMI Horizon Proをレンタル→そのまま購入しました!

XGIMI Horizon Proは総合力ナンバー1の4Kプロジェクター

以上、XGIMI Horizon Proのレビューでした!

他機種との比較もしていきましたが、現状総合力では間違いなくNo.1の4Kプロジェクターです。

ちなみに、XGIMI Horizon Proの定価は176,880円ですが、今なら10%(17,688)のポイント還元も受けられるのでお得に購入できます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

一人暮らし社会人アラサー女子
時短家電やガジェット類が大好き
散財が大好きで貯金できない病

目次